Loading…

ohne sein Empfindung -想い- 第5話

Posted by チカ on 19.2008 *Roman(小説)* -煉樺-   6 comments
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前回の話はこちらから→
最初から読みたい方はこちらからお願いいたします→
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第5話
-怒涛-

 かしゃん。
 手に持っていたナイフはいつの間にか地面に落ちていた。だが倒れたのは獣のほうだった。少女はただ呆然と立ち尽くしていた。
獣は悲鳴をあげ身体を丸めていた。しかし外傷はどこにも見当たらない。
しだいに白いもやが獣全体を覆い始めた。そして収縮しはじめみるみる小さくなっていく。
気づけば獣は少女より小さくなっていた。
少女は不思議に思いつつも近づいてみる。獣はただ少女を見つめていた。
「獣が小さくなるなんておかしいよね? それともこの種類はこういう獣だったのかな?」
 ヒュームはそう言い放つと獣を足で転がしている。ベガヴァーチェは何かいいたげにじっと見ていた。
「僕がやったとでも?まさか。さっき君に任すって言ったじゃない。僕は手を出していない。で? どうするのこれ」
「……」
「じゃあ、殺しておこうか? 大きくなったらまた僕達を狙うかもしれないし??」
 翳した手に光が集まり始める。少女は男を止めた。
「ふ……、仕方ないなぁ。やめておくよ。成長して狙われても僕は君を助けない。そんな義理はないからね」
 少女は頷いた。そう、自分を守る義務なんて誰にもありはしない。いつも自分は一人だったのだから。



「ベガヴァーチェが??」
 銀とも黒ともいえる色の髪、真紅の瞳を持つ男。その男は王たる風貌を持っていた。
日々魔界の偵察をしている使い魔より、少女がいなくなったとの報告を受けた。
「はい……、何者かによって連れ攫われたかと」
「ふん」
 男は大して興味もなさそうに頷いた。
「あの……、いかが致しましょう」
「……問題ない。あの者もいずれは処分しなければならなかったんだからな。その手間が省けたというやつだ」
「しかし」
「つまらんことで手を煩わすな」
 少女一人のために貴重な時間を割く暇などない。
 そういい残すと、男はその場を離れて行った。



 バルベリトは焦っていた。王の娘である少女、ベガヴァーチェの力を期待し捕らえたはずが肝心の少女はいまだに力を解放できずにいる。あの少女は確かにこの世界の礎のはずなのだ。
悪魔としての能力そして王の娘としての気質を利用しようし、その礎の力さえものにしてしまえば。が、そんなバルベリトの思惑もまだ実現されていない。寿命が長いとはいえ、彼の気は長いほうではなかった。
目の前で使い魔達を殺してみても無反応。感情と言うものがあまりみられなかった。
「くそっ!! いつになったらベガヴァーチェの力は目覚める!? そもそも王の娘ではなかったのか!」
 バルベリトは机の上にあった蝋燭を倒した。傍に仕えている使い魔達はそんな様子に怯えていた。
「何をそんなに苛立っている?あの少女の件か?」
 漆黒の闇を思わせる風貌に長い髪。バルベリトとは違う威圧感を漂わせていた。
「何の用だ」
「いや? たいした用事はない。が、お前が少女をまだ匿ってるのかと思ってな」
「ヤツの監視か、ヒムロ」
「このオレが誰かの元につくとでも?」
「お前がどいつにつこうが俺には興味ない」
「……だろうな。あの少女の力を開花させたいのだったら、何かに興味を持たせろ。あの少女は無意識に感情を殺している。何かに興味を持たせ、その興味をつぶせばおそらく……」
 バルベリトは手をかけようとしたグラスに一瞬手をとめる。
 興味……。あの少女が興味を持つものがあっただろうか?常に虚ろな瞳。
 何を考えているわけでもなく、ただひたすら空を見ている少女に。ヒムロの助言に不信感を感じながらも去っていくのを無言で見ていた。

本当に久しぶりで…(コラ。
チカフィールさまに騙されて(?)すっかり大変な引きの部分で止まってる事を忘れてました(;´艸`)
煉華ちゃんどうなるのかしら?
2008.03.19 01:32 | URL | 冰胡桃 #79D/WHSg [edit]
胡桃サン。
あひゃひゃ(~∀~汗;;;) ホント久しぶりデスよね~。
チカフィールに騙されたなんてっ。ワタシの存在が大きいということデスわねっv
そうそう。とっても大変な旅をしようとしているのを当の作者も忘れて・・・いませんよ?
力なき少女の行方は!?無事に目的地に辿りつけるといいのデスが
2008.03.19 07:25 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]
おおおぅーーー楽しみにしておりましたよぅーーー!
煉ちゃん煉ちゃん(*´Д`*)ハァハァハァハァ・・・
覚醒はまだのようですけど、周囲も色々気になる人物ばかり・・・。
これからどうなるんだろう・・・運命はどこへ向かっていくのかなぁ・・・。
2008.03.19 08:27 | URL | はるなつ #79D/WHSg [edit]
はるなつサン。
楽しみにして下さってありがとなのデスっ!!
ホントいつ覚醒するんでしょうね~。色々と障害が多すぎますよね。
周囲も煉樺を巡って騒動が起こりそうデス。
運命は一体どのように回り続けているのでしょうか?それはもう少し物語が進んでからv
2008.03.19 23:24 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]
興味をつぶすだなんて、ぁぁ鬼畜ぅぅぅ・+゚(゚ノД`)゚+・。
煉樺ちゃんが本当の笑顔を見れるようになるのはいつの日か・・・・><
2008.03.20 15:01 | URL | キュキュ #79D/WHSg [edit]
キュキュサン。
ホントですよね>< どういう神経持っているんでしょうっ。
戻りかけた感情を押しつぶすなんて鬼畜デスっ。(お前がな・・・
早く笑顔を見れるといいのですが・・・
2008.03.20 17:33 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チカ

Author:チカ
魔女の館へようこそ。
あなたをチカの妄想世界へ誘います。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Son Mon Die Mit Don Fre Sam
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

時計

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード