Loading…

ohne sein Empfindung -想い- 第10話

Posted by チカ on 28.2010 *Roman(小説)* -煉樺-   6 comments
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前回の話はこちらから→
最初から読みたい方はこちらからお願いいたします→
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第10話
-必然-

 朱色の空から堕ちて行く少女を青年はただ静かに眺めていた。光に包まれていた少女は今はもうその光さえ失われている。
表面上の変化はなく、ただ苦痛に満ちた顔つきに涙を流した跡が見られた。
「……」
「よくやったな、ヒューム」
 バルベリトはヒュームに言葉をかける。ヒュームはベガヴァーチェを見つめていた。
「別に……、あんたのためじゃない。僕はお前の部下じゃない。僕には僕の都合がある。結局それも無駄になったけど。ベガさえ気づいてくれれば僕は止めたのにね」
「ふははははっ! 止める? あの蟲に捉われさえしなければ、毒にやられ一時的に悪魔の力も強まることはなかった。お前があのまま少女を助けていればな。同族殺しはあの少女にとっては耐え難い罪悪感にかられる。そしてこの獣だ。珍しい生き物だから捕えておいたが役にたったな。王の娘に復讐か。それもいい。ふはははっ!!」
 男は高らかに声を上げさも滑稽そうに笑った。
「……」

 蟲に胸を貫かれた少女の意識は遠のいていったー。何も思わない。何も感じない。
 自分は悪魔なのだから。そう、悪魔のはずなんだ。なのに何故ー。
 何故こんなにも苦しいのだろう。何故こんなにも悲しいのだろうか。
 自分には感情がないはずなのに。弱者を喰い力を獲る。力が欲しくなかったわけじゃない。
 いや、欲しかったはずだ。誰でもいいから与えてほしかった。しかし、こんな形を望んでいたわけではなかった。
 ただ自分の居場所が欲しかっただけ……。

『  』

 暗闇の中で声が聞こえた。これは以前にも聞いた声だったような気がした。
今まで見ていた少年(ヒューム)とは明らかに違う声。自分を待っている。
でも自分はもうー、動けない。

『  』

 声は更に大きくなる。呼んでいる、自分を。
行かなきゃ。

どこへー?

わからない。わからないけど、行かなきゃ。

 バルベリトは少女の腹部に手をあてた。手が青白く光りだし、少女の腹部に入っていった。少女の顔はみるみるうちに青ざめていく。身体は冷たくなり、その顔は死を意味していた。
途端身体は再び光りを帯びた!その光は少女を包み込み大きくなる。
そして一瞬にして消え去ったのだった。
「なんだとっ?! これはどういうことだっ!!」
 バルベリトは目を見開いた。隣にいたヒュームは眺めているだけだった。

*

 少女が飛ばされた場所は暗く洞窟のような冷たい空間だった。
出入り口がいったいどこなのか、この空間は外部とはどうつながっているかわからなく、あたりは深い闇で覆われていた。
その場所には少年が横たわっていた。意識がなく深い眠りに落ちているようだ。

 青紫色に包まれていた少女の身体は輝きをなくし、横たわっている少年の上ににふわっと倒れ込んだ。その少女は気を失っているようでピクリとも動かなかった。そして少年も眠りに落ちたまま目覚めない。
頭の中で大きな奇声が聞こえた。そして少女は意識を取り戻した。
「ぅ……。……ここはどこ? ……どうしてわたしはここに?」
 ベガヴァーチェは身体を起こし、驚くわけでもなく無表情にあたりを見回しながら言った。
自分が先ほどいた場所とはいかにも違う雰囲気。楽園とも違っていた。
「あああああ!! 喋った~~~!!」
 そう奇声を放った声の主は闇に溶け込むような漆黒の髪と褐色の肌、光る黄金色のあどけない瞳は闇色をしていた。しかしよく見ると黒く長い尻尾があり”獣人”と言ったところである。
どうやらこの横たわっている少年の知り合いらしかった。明るい声に人懐こい顔。自分がいた魔界でこんな人物はみたことがなかった。少女は目の前にいる獣人を真っすぐ見据えた。
「おまえ、うるさい……・」
 少女は言い放つ。目覚めたばかりの頭に響く声であったため機嫌が悪くなる。
「ハ、ハイ……」
 獣人は少女に圧倒されてしまった。
そして黙って、まじまじとその少女を見た。
「君……、誰? もしかして……悪魔か?」
「……」
「悪魔がどうしてここへ?!」
「……おまえこそ魔族なんでしょ」
「そうだけどね……」
 ビクッとして即答した。
獣人の答えに間髪入れずに少女は自分の下で横たわっている少年の事を聞いた。
「……この子は何故起き上がらないの?」
 少女はきょろきょろとあたりを見回し、自分の置かれた状態を不思議に思った。
「……うーん」
 獣人はどう答えていいか解らず答えを濁した。
少女は少年が横たわっている台からヒョイっと飛び降りた。
そして、少年の方を改めて見た。翡翠色をした柔かそうな猫っ毛に綺麗な顔立ち。その少年は自分とは違う異種族の雰囲気を持っていた。悪魔や人間ではない、この少年は天使だ。そう思った瞬間、ふと今までにない感覚を感じた。
「何? この感覚! ……懐かしいような、不思議な気持ち……」
 無表情だった少女の顔が一気に動揺しはじめた。まるで以前に会ったような気さえしていた。
自分は誰かに呼ばれてここに来たはずだ。そして目の前にいる少年。これはー
「この子……、初めてなのに……何故かしら?! もしかして…………ぅ!!!あああああ!」
 少女が何かを言い出そうとした途端、急に苦しみだした。
「ええ?!」
 獣人は目の前の出来事がますます訳がわからず驚くしかなかった。
「ぅああああああああああああ」
 少女は頭を抱え苦しそうに叫んでいた。
(何ー? これはー?! 苦しい!!)
「どうしたの? 大丈夫?!」
 苦しむ少女に介抱しようと近づいた。
「うわ!」
 しかし、何かに撥ね付けられるように弾け飛ばされた。
よく見ると、少女には白い光が覆われていた。
それは少女を優しく包むように覆い被さる半透明の少年の姿だった。
少女はその少年に包まれると今までの苦しみがうその様に解放され、すーっと穏やかな表情にもどり、意識が遠のいていった。
獣人は一瞬目を疑った。
その半透明な少年は、台座に横たわる少年とうり二つ、いや正確に言えば少年をもう少し成長させた姿だったのだ。


わーいwwww(*´ェ`*)ポッwwやっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! って感じですねwww
今までの雰囲気でルジャムのこのノー天気な?明るさがめっさ浮いている気がするんですけどーー(笑)
なによりもこれで繋がったのが萌えです!(*´ェ`*)ポッ
2010.02.28 22:19 | URL | 咲蒼 #79D/WHSg [edit]
咲蒼サン。
ホントやっと繋がったという感じデスよねーっ。お待たせして申し訳ない><
( ´∀`)ヵヵヵ ルジャクンは明るくていいデスよねvv 今までがダークな中にいたから救いだわー。最後に救いがキターって感じ(´д`*)
ダークな雰囲気のまま終わっちゃったら悲しいデスものねー
2010.03.01 09:18 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]
おおおおおおおおお???
まさかそこと繋がっていたとは!!!Σ(゜゜)ビックリです!
煉ちゃんが死んだ???(つДT)ウワァンー!って思ったら、異世界へ(*´Д`*)そういうことだったのね?
出てきたルジャ君(上の咲さんのコメでバレてるからいいよね?w)、お二方は明るいと仰ってますが、私はやや鬼畜っぽいなと思いました(ёдё)w
喋り口調でそう思えるのかな?( ´艸`)
や、この時代のルジャ君はルジャツバだからきっと鬼畜ンフ(ёдё)?(イイカラダマレw
猫っ毛の少年?いよいよだぁ・・・(*´Д`*人)
でも、煉ちゃんが苦しそうだけど大丈夫かなぁ??><;;;
色んな所で繋がっていく世界がこれからも楽しみでなりませんよー!
そしてもしかしてお友達キャラは最終的に全部あの世界に終結したりして?(ナイナイw
2010.03.01 10:10 | URL | はるなつ #79D/WHSg [edit]
はるなつサン。
あははvv バルベリトに殺されちゃいましたねー。まさか主人公が死ぬなんてっ!!
初めから死亡フラグたってたし、いつ死んでもおかしくない状態だったし。。。(ヒドイ親だ
その後異世界へ飛んで行ってしまうわけデスが。そうなのデスー。やっと繋がりました。
ルジャクン、、、vv うんうん。咲蒼サンとやっと繋がったのであとはーってな感じデス。
異世界での出来事はもうおわかりデスよねー(´д`*)
ルジャクン、鬼畜?!vv やっぱりあっちのお話を読んでるとそう思っちゃうのかもvv
見え隠れする部分がいいのデスよねーvv そうそう。いよいよデスよっ!!
今後の展開もお楽しみにデスっ。
ああ、いいデスねーっ!!ありえますよ、それ。オリキャラ大集合vv
でもすごいことになりそうダ(笑)
2010.03.01 10:26 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]
キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
少年と獣人w 咲蒼さんちのキャラ様がでてるぅぅぅぅぅ(*´д`*)
ベガヴァーチェちゃんと喋ってるぅぅぅ!!!(*´д`*)
ありがたいファン・サービスに萌えてしまいました!!
これからは、辛かった日々が少しでも和らいで行くのかな。
チカの描かれる生意気悪魔キャラが好きだけど、優しい心を持っているベガヴァーチェちゃんも大好きだもーん♪
2010.03.02 17:36 | URL | キュキュ #79D/WHSg [edit]
キュキュサン。
うんうんv 咲蒼サン宅のキャラサマと喋ってるというのも萌えますよねーvv
次回の展開を思うと更に萌えデスわ(´д`*)ハァハァ 
そうデスね^^ 辛かった日々を思うと余計に救いに感じますよー。
あははv ありがとデス~ 大好きといってもらえて嬉しい~?
2010.03.02 21:29 | URL | チカ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チカ

Author:チカ
魔女の館へようこそ。
あなたをチカの妄想世界へ誘います。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Son Mon Die Mit Don Fre Sam
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

時計

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード