Loading…

スポンサーサイト

Posted by チカ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-魔女の日常- 疑問

Posted by チカ on 04.2011 *Jeder Tag Hexe(魔女の日常)*    0 comments
前回の話はこちら 
この話は短編となっております。最初から読みたい方は【目次】よりお願いします。


ライン


バッド「ぎー、ぎぎ
(おぃ、チカフィール。なんでアヴィの依頼を引き受けたんだ?あからさまに怪しいじゃねーか。
まさか…、お前 アヴィのことをすっ)フガグガガガガッガウッ



チカ「あんた、それ以上言ったらマジで燃やすから。まぁ、仕方ないっしょー?あんな手紙持ってこられたら。
それに、、、ちょっと引っかかるんだよねぇ。マスターテリオンなんて名前つけるなんて」



バッド「ぎぎっぎっ!?
(マスターテリオンってお前…!?)」



チカ(普)「そv666の獣よ。こんな名前つけるなんて物好きよね~。
ネットじゃどんなハンドルつけようと構わないし、ブラックマーケットなんだから別に気にもならないけどね?昔自分をマスターテリオンだと名乗った人物がいたのよ。それが魔術師アレイスター。そしてそいつはエリファス・レヴィの生まれ変わりとも言っている。バカバカしい話だわっ!」



バッド「ぎぎっ?
(じゃー、お前はそのアレイスターの子孫か何かだと思ってるのか?)」



チカ(普)「さぁねぇ。それはワタシにも…。どちらにせよ、行くしかないね」



出かける


ライ(普)「あれ?チカフィール様、出かけるの??」



チカ(普)「ああ、出かけるけど。で、どうだったの?井戸を全部調べたんでしょうね??」



ライ(困)「うーん。調べたには調べたんだけどさぁ。やっぱり水が出なかったりするんだよね><
変な臭いがするし・・・」




チカ(普)「臭い…ねぇ。まぁ、それが仮にヒ素が混入してたとしても不思議はないんだけど、この辺りの地殻に問題はなかったハズなのよね。それが直接井戸の枯渇だなんて考えられないし。
まぁ、いいわ。ワタシは出かけるから後よろしく」




ライ(困)「水はどうするの!?」



チカ(普)「そうだねぇ。使えるようにしといてネ♥ じゃっ!!ワタシ、急いでるんだ。」



ライ「そんなの無理だよー!!」



チカ(普)「無理でもやれっ!地下を掘れっ!!ほら、ここ掘れワンワン。無理なら業者かナニかに頼むんだね」



ライ「チカフィール様の横暴~!!」






ライン








  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

チカ

Author:チカ
魔女の館へようこそ。
あなたをチカの妄想世界へ誘います。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Son Mon Die Mit Don Fre Sam
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

時計

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。